大豆製品

妊活ではクリニックの費用も視野に入れよう

一般の場合、クリニックで診てもらえば医療費の負担は3割で済みますが、不妊治療となると保険適用外の治療が多く、妊活をはじめる場合は、医療費のこともしっかり考える必要があります。

妊活をはじめる場合は、自分が安心して子供を産むことができる身体であるかどうかをチェックするためにも、まずはクリニックで診断を受けることをおすすめします。
不妊治療が必要になれば当然クリニックに通わなければいけなくなるので、事前にどのくらいの費用が必要なのかを理解しておかなければいけません。

不妊治療は最初は数千円で済んでも、だんだんとかかる費用も大きくなり、最低でも数十万円はかかることを覚悟しておかなければいけません。
不妊治療でも初期の治療は健康保険が適用になり、3割負担で数千円程度で済むことが多いのですが、人工授精は3万円、体外受精は30万円、顕微授精は50万円などと、受ける治療内容によってはかなりの費用が必要となります。
もちろん治療を受けるクリニックによってもかかる費用に差があるので、医師の腕と設備面も含めて、治療費がどのくらいかかるかも事前に確認しておきましょう。

自由診療となると、クリニックごとに治療費は自由に決められるようになっています。
特に不妊治療は高額で、クリニックによっては相当な費用を請求されることも珍しくはありません。
もちろん治療費が高ければ安心して治療が受けられることにはなりませんが、やはり治療費が高い場合は、それなりの高度な治療を受けられるケースが多くなります。

最先端の治療を受けた方が妊娠できる可能性は当然高くなります。
ただしそれで子供を授かることができたとしても、子供ができればその後大きくなるまで相当な費用がかかることが決定するので、将来的なことも十分に考えてクリニック選びを行わなければいけません。

このように、妊活で不妊治療をする場合は、予想以上に多額の費用がかかることもあるので、クリニックの費用のことも考えて、計画的な妊活を行わなければいけません。
将来のことも考えて、自分たちに合ったクリニック選びを行いましょう。