大豆製品

妊娠中・妊活中の花粉症対策

年々花粉症で悩まされる人は多くなっているようですが、妊活中や妊娠中の人でも、何もしなければ当然花粉症は発症するわけで、普段服用している薬をどうすればいいのか分からないという人も多いでしょう。
ここでは妊娠中や妊活中の花粉症対策について紹介します。

まず普段服用している薬については、妊活中の人はそのまま服用しても全く問題はありません。
薬を利用しないでストレスを溜めた状態でいる方が、よっぽど精神的には悪いです。
しかし不妊治療をはじめている場合は、かかりつけの医師に相談した上で処方してもらう薬を決めてもらいましょう。

すでに妊娠している妊婦さんの場合は、薬の服用を制限しなければいけません。
お腹の中の赤ちゃんが薬の影響を受けはじめるのは妊娠4週目あたりからなので、この時期には薬の服用を中止した方がいいでしょう。
ただしあまりにも花粉症の症状が酷い場合は我慢もできないので、そのことをお医者さんに相談しましょう。
産婦人科の先生でも花粉症の薬を処方してくれる場合もあるし、点鼻薬や漢方などの赤ちゃんに悪影響を与えないような薬もあります。

妊娠中でも妊活中でも、薬の影響を受けるのは女性だけなので、男性の場合は普段通りで構いません。
もちろん薬に頼らないで花粉症を対策できた方がいいので、そのためには花粉との接触を極力減らすことが一番です。

例えば花粉の多い日には外出を控えるとか、マスクや眼鏡などでもある程度の対策はできます。
掃除をしっかり行うことでもある程度の対策はできるし、家の中に花粉を持ち込まないように工夫することもできます。
とにかく妊婦さんでも妊活中の方でもストレスを溜めることは良くないことなので、できるだけ苦しまないようにしっかり対策することをおすすめします。

このように、花粉症の薬は妊活中であれば気にしないで服用しても大丈夫ですが、妊娠4週目以降は薬の影響がお腹の中の赤ちゃんに及ぶので、薬の使用は避けた方がいいといわれています。
どうしても我慢できない場合は、医師に相談して他の薬などを出してもらいましょう。