大豆製品

妊活の食生活に大豆製品がオススメ

妊活中はとにかく規則正しい生活を送ることが重要ですが、バランスの良い食を摂ることも妊娠しやすい身体をつくるためには大事なポイントになります。
ここでは妊活中の食生活に大豆製品がおすすめの理由について探っていきます。

ある研究によると、大豆イソフラボンの摂取量が増えれば出生率も高まるという結果が出ています。
その結果によると、大豆イソフラボンを摂取するかしないかでは明らかな違いがあり、妊活中にはすすんでイソフラボンを摂取した方がいいことが分かります。

イソフラボンには、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと似た働きがあることがわかっていて、出生率を上げる他にも、骨を丈夫にしたり、精神を安定させたり、更年期障害を予防したり、抗酸化作用で老化を防ぐなど、妊娠にも関係する効果もたくさんあります。
ただしイソフラボンを過剰摂取することは、妊活にも悪影響を及ぼすことが指摘されています。

イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることから、過剰摂取によりホルモンバランスを乱すことにつながります。
そうなると生理不順を引き起こしたり、子宮内膜増殖症のリスクが高まります。
さらにイソフラボンを男性が過剰摂取することで、精子の濃度が低くなることも指摘されているので、必ず妊活中は男女共にその適量を知った上で摂り入れましょう。

最近は食の欧米化が進み、食卓に大豆製品があがらないことも多くなりましたが、豆腐や納豆や味噌汁などを普通に毎日食べることで、妊活に十分なイソフラボンを摂取できるので、そこにプラスしてサプリメントなどからそれを摂取することは避けた方がいいでしょう。
ただし食事から全く大豆製品を摂らない場合は、サプリメントなどから毎日適量を摂取することをおすすめします。

このように、大豆製品を積極的に摂ることは妊活中にはおすすめですが、過剰摂取をすることで逆効果になることもあります。
食事の中に大豆製品を意識的摂り入れるだけで、十分な量のイソフラボンが摂取できます。